ホーム > ホワイトニング

ホワイトニング

歯に色がつく理由

コーヒー、お茶、タバコ等による変色

コーヒーやお茶などによって歯が黄色くなってしまっている原因は、飲料中に含まれている色素が歯の内部まで取り込まれているためです。

加齢による変色

加齢による歯の変色は、年とともに徐々に黄色く変色していきます。

全身疾患に由来する変色

産前に、母親が服用した抗生物質等を過剰に摂取した場合に、それが影響して歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因によって、歯が変色してしまっている場合、「ホワイトニング」で歯を白くすることができます。

ホワイトニングで歯を白くする

ホワイトニングで歯を白くする

ホワイトニングは、歯面に専用の薬剤を塗布し、化学的に白くする方法です。
ご自宅で簡単にできる「ホームホワイトニング」は、専用に作られたマウストレーに薬剤を塗布し、決められた時間を数回使用することで効果が得られます。

ご自宅で継続的にホームホワイトニング

ホワイトニングについての説明/歯の表面をクリーニング

ホワイトニングについての説明/歯の表面をクリーニング

ホワイトニングについてのご説明を行います。また、ホワイトニング実施前の歯の色も確認しておきます。
ホワイトニングを行う前には、効果をあげるためにあらかじめクリーニングを行っておきます。

マウストレーの作製

マウストレーの作製

患者様に合わせたマウストレーを作成するため、まずは歯の型をとります。作成後は、出来上がったマウストレーと薬剤(ホワイトニングジェル)をお渡し致します。

ホワイトニングジェルの注入

ホワイトニングジェルの注入

ホームホワイトニングを行う際は、マウストレーに薬剤を注入します。
目安の量としては、1歯につき米粒2つ分です。

マウストレーの装着

マウストレーの装着

薬剤を注入後、マウストレーを装着します。
※装着後は、薬剤がしっかり行き渡っているかどうかを確認してください。
歯科医師に指示された時間は装着するようにしましょう。

経過の確認

経過の確認

歯の色に変化があるかどうかを確認致します。指定された日に来院していただき、効果の経過確認を行います。

歯が白くなるメカニズム

歯が白くなるメカニズム

ホワイトニングを行うことで、歯が白くなる理由は、薬剤に含まれている「過酸化尿素」によるものです。「過酸化尿素」が歯の内部の色素を細かく分解してくれます。この成分は、歯を傷めることなく白くできるのが特徴です。

  • 1.歯に色素が沈着してしまっており、黄色く見えている状態。
  • 2.沈着している色素に薬剤が反応して、色素を分解。
  • 3.次第に色素が減って、美しい白い歯になった状態。
西砂歯科医院042-531-4129

新着情報

一覧を見る

2017/06/26

7月17日海の日の休日急患診療の担当医は谷津歯科医師」です。
9:00~13:00 14:30~18:00まで診療致します。

急なお痛み、歯の不具合が生じましたら、1度お電話をしてからご来院ください。
初診の方もお待ちいたしております。

2017/06/26

7月の谷津先生の休診日は、
20日(木)19:00~22:00が休診となります。

2017/06/26

7月の松島先生の休診日は、
8日(土)1日休診となります。

2017/06/26

7月の浅谷先生の休診日は、
7日(金)9:00~13:00が休診となります。
11日(火)14:30~18:00が休診となります。

2017/06/26

7月の若槻先生の休診日は、
5日(水)1日休診となります。

お問い合わせ042-531-4129
アクセス



住所
〒190-0034
東京都立川市西砂町5-37-8

診療時間
月~金
9:00~13:00
/ 14:30~18:00
/ 19:00~22:00

土日祝
9:00~13:00
/ 14:30~18:00

詳しくはこちら
スマホサイトはこちら