ホーム > 歯周病・一般歯科

歯周病・一般歯科

歯周病

歯周病

歯周病とは?

「歯周病」には、いくつかのタイプが存在します。

歯と歯肉の間に細菌が入り、この細菌が歯茎や骨、歯根膜などに悪い影響を与え、歯肉炎と歯周炎に二つに分けられます。

歯肉のみの炎症の場合は、歯肉炎と呼びます。
これがさらに進行することで、骨にも進行した場合、歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれます。これらの総称が歯周病です。

歯周病は、自覚症状がほとんどないため、症状に気づき始めた頃には重度の状態になってしまっていることがほとんどです。

本来、中高年層の方がかかっていた病気でしたが、昨今では20歳前後の方でも頻繁に見受けられるようになっています。

歯周病を防ぐためには、早期発見・治療が大切です。そのためにも、定期的に歯科検診を受けるように努めましょう。

歯周病の種類

歯肉炎

歯肉片縁に歯垢(プラーク)が付着し、炎症が起こっている状態のことです。

成人性歯周炎

この状態の方がもっとも多いといわれている歯周炎です。30代あたりからゆっくり進行します。

初期症状はほとんどなく、歯磨きの際に出血が認められる程度ですが、進行することで、徐々に歯肉が腫れてきたり、膿が出てきたりします。場合によっては、歯がぐらつき、抜けてしまうこともあります。

早期発症型歯周炎

成人性歯周炎とは違い、35歳未満で発症して比較的進行が早いことが特徴です。

思春期前歯周炎

思春期前歯周炎は、歯周病の中でも非常にまれな状態です。
思春期前歯周炎は2つに分けられ、広汎型と限局型に分けられます。
広汎型では、乳歯が生え始めた頃に発症し、歯周組織が広範囲で破壊され、最終的には歯が抜けてしまいます。
限局型では、乳歯の一部に発症し、広汎型に比べ進行が非常にゆっくりです。

若年性歯周炎

若年層に起こる歯周炎のことです。
成人性歯周炎に比べ、プラークの量は少ない状態ですが、 第一大臼歯と前歯の骨吸収が特徴です。

急速進行性歯周炎

20代前半~30代半ばに起こる歯周炎のことです。進行が非常に速く、歯周組織の破壊も急激に起こります。

難治性歯周炎

歯周治療を徹底的に行ったとしても、まったく改善が認められず、すぐに再発してなかなか治療が進まない歯周炎です。症例としてはまれです。

目立たない入れ歯「ノンメタルクラスプデンチャー」

目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」

誰かに話したくなるくらい「目立たない入れ歯」ノンメタルクラスプデンチャー
~ノンメタルクラスプデンチャーとは、金属バネを使用していない見た目が自然な入れ歯の事です~

いつまでも若々しく美しさを保つ秘訣は、自身溢れる自然な笑顔。
審美性に優れた目立たない入れ歯「ノンメタルクラスプデンチャー」で、
思いっきり口を開けてとびっきりの笑顔で笑って下さい。
機能性も優れた新しいタイプの入れ歯でかがやく「ナチュラルスマイル」を。

次のような方におすすめします
  • 金属のバネが見えてしまうのが気になる方
  • 入れ歯だということを隠したい方
  • 入れ歯の臭いが気になる方
  • 今の入れ歯の使用感に違和感を感じている方
ステキな特徴
ステキな特徴
  • 従来のバネを使用した入れ歯には金属が使われていましたが、ノンメタルクラスプデンチャーの場合は歯茎のようなピンク色で、金属を用いてないため目立ちません。
  • キレイで透明感のある素材のため、まるで歯ぐきのように見えます。また臭い・汚いがつきにくい素材を使っています。
  • 入れ歯の臭いが気になる方
  • 入れ歯の裏側に金属を使用することで、耐久性に優れた入れ歯を作ることも可能になります。

Q&A

なぜノンメタルクラスプデンチャーは目立たないの?

金属のバネを使用していないため、見た目が自然です。

▲ページトップへ戻る

ノンメタルクラスプデンチャーのお手入れ方法は?

こまめにお家で洗浄剤を使用して洗浄をおすすめします。変形、変色の原因になりますので、沸騰消毒はしないで下さい。

▲ページトップへ戻る

治療は健康保険で行えますか?

ノンメタルクラスプデンチャーは健康保険適用外となっております。費用は患者さまの状態によって異なりますので、当院にご相談下さい。

▲ページトップへ戻る

人体にやさしいレーザーによる治療

人にやさしいレーザー治療

エルビウムヤグレーザーとは?

エルビウムヤグレーザーは、虫歯治療のために唯一認可されたレーザーです。特徴として、発熱が少なく、表面のみで反応するため、非常に安全性の高いレーザーだといわれています。

  • 虫歯部分のみに作用させます。
  • 歯医者さんの特徴的な「キィーン」という不快音がありません。
  • 「ガリガリ」という振動がありません。
  • 痛みがほとんどなく、大半の治療では麻酔無しで行えます。
  • 歯周病細菌等の殺菌、疼痛緩和、治癒促進、予防等の効果があり、治りが早いです。

レーザーによる治療は、痛みが少なく治療時間も短縮

歯周病治療/歯周病の予防

レーザーによって歯周病菌を死滅させます。レーザーが炎症や痛みを抑え、治りが早まります。
治療のみではなく、予防にも効果的です。

歯ぐきの黒ずみを消す(色素沈着除去)

数回ほど歯茎に照射することで、きれいなピンク色にすることができます。

口内炎・口角炎/義歯による傷口の殺菌

口内炎などによる痛みを抑えることができ、1~2回の治療で完治することができます。

歯石除去、知覚過敏

歯石は歯周病の原因となってしまいます。歯周ポケットの深くに貼り付いた歯石などは、レーザーを使用することで痛みなく取り除くことができ、且つ殺菌効果にも期待できます。

虫歯治療

虫歯菌に感染してしまった箇所のみを取り除き、健康な部分を極力残す治療が可能です。
麻酔も必要ないほど痛みを感じることはあまり無く、削る時に発生する不快音や振動などもありません。

ご希望の方はご相談ください。

※ご希望の方はご相談ください。
←さらに詳しい説明はこちらのサイトで
  ご覧いただけます。

西砂歯科医院042-531-4129

新着情報

一覧を見る

2017/07/24

~夏季休暇について~
8月11日(金)~8月16日(水)は、休日急患診療をおこないます。
9:00~13:00 14:30~18:00まで診療致します。

担当歯科医師は下記の通りです。
11日(金)Dr久富
12日(土)Dr久富
13日(日)Dr原
14日(月)Dr久富
15日(火)Dr若槻
16日(水)Dr谷津


急なお痛み、歯の不具合が生じましたら、1度お電話をしてから来院ください。
初診の方・他の歯医者に通院中という方でもお待ちしております。

2017/07/24

8月のDr中田の休診日は、
27日(日)1日休診となります。
代わりに、20日(日)は9:00~13:00 14:30~18:00まで診療致します。

2017/07/24

8月のDr谷津の休診日は、
27日(日)1日休診となります。
代わりに、26日(土)は、9:00~13:00 14:30~18:00まで診療致します。

2017/08/03

8月のDr若槻の休診日は、
23日(水)1日休診となります。

2017/07/24

8月のDr久富の休診日は、
22日(火)1日休診となります。
31日(木)1日休診となります。

※Dr久富は8月より毎週木曜日の夜も診療することになりました。

お問い合わせ042-531-4129
アクセス



住所
〒190-0034
東京都立川市西砂町5-37-8

診療時間
月~金
9:00~13:00
/ 14:30~18:00
/ 19:00~22:00

土日祝
9:00~13:00
/ 14:30~18:00

詳しくはこちら
スマホサイトはこちら